2ちゃんねるへの書き込みで成立する犯罪の種類は

2ちゃんねるへの書き込みで成立する犯罪の種類は
2ちゃんねるへの書き込みで成立する犯罪の種類は

1.2ちゃんねるへの書き込みで成立する犯罪の種類は?

ちゃんねるは、気軽に書き込みができて暇つぶしにもなりますし、いろいろな情報収集ができるので、利用者が多い人気の掲示板です。しかし、不用意な書き込みをすると、場合によっては犯罪が成立してしまうおそれがあります。2ちゃんねるへの投稿によって、どのような犯罪が成立する可能性があるのでしょうか?
今回は2ちゃんねるへの書き込みで成立する犯罪の種類について、解説します。

2.名誉毀損罪(刑法230条1項)

2ちゃんねるの掲示板に他人の誹謗中傷を書き込むと、名誉毀損罪が成立する可能性があります(刑法230条1項)。名誉毀損とは、公然と事実の摘示によって他人の社会的評価を低下させる行為です。インターネットは世界中からアクセスできるので「公然と」の要件を満たしますし、他人には個人も法人も含みます。

また、事実は真実であってもなくても名誉毀損になります。そこで、2ちゃんねるで事実を提示することによって個人や法人をおとしめる内容の記事を投稿したら、名誉毀損になってしまいます。この場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金刑が科される可能性があります。

そして、名誉毀損罪は親告罪です(刑法232条)。親告罪とは、被害者が刑事告訴をしないと加害者が罰されない犯罪のことです。そこで、2ちゃんねるで誹謗中傷されて、相手に名誉毀損罪を適用してもらいたい場合には、相手を特定して刑事告訴する必要があります。

3.侮辱罪(刑法231条)

2ちゃんねるで他人や他社の誹謗中傷をすると、侮辱罪が成立する可能性もあります。侮辱罪とは、公然と、事実の摘示によらない方法で他人を侮辱することです。名誉毀損が事実の摘示によって相手をおとしめるのに対し、侮辱罪の場合には事実を摘示しない、という違いがあります。侮辱罪の法定刑は、拘留または科料です。

たとえば、「あの企業は労働基準法違反だ」と書き込みをした場合には名誉毀損ですが、「あの企業はクソ」などと書き込んだ場合は侮辱罪です。侮辱罪も名誉毀損罪と同様親告罪ですから、自社が2ちゃんねるで侮辱された場合には、相手を特定して刑事告訴する必要があります。

4.業務妨害罪(刑法233条後段)

2ちゃんねるで他者の業務を妨害した場合には、業務妨害罪が成立する可能性があります。業務妨害罪とは、虚偽の事実を広めることによって他人の業務を妨害した場合に成立する犯罪です。名誉毀損と違って、内容が虚偽である必要があります。

法人にとっては、業務妨害されると大きな悪影響があるので、業務妨害罪で訴えたいケースは多いでしょう。業務妨害罪の法定刑は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金刑です。

業務妨害罪は親告罪ではないので、被害者が刑事告訴しなくても、警察が相手を逮捕する可能性があります。ただ、2ちゃんねるでの書き込みによる被害の場合には、多くのケースで被害者が刑事告訴しないと警察は動いてくれないことが多いでしょう。

5.信用毀損罪(刑法233条前段)

2ちゃんねるで他人を誹謗中傷した場合には、信用毀損罪が成立する可能性もあります。信用毀損罪とは、虚偽の事実を広めることによって、他人の経済的な信用を毀損したときに成立する犯罪です。

経済的な信用というのは、たとえば、法人の資金繰や、経営状態などについての信用です。
信用毀損罪の法定刑も、業務妨害罪と同様、3年以下の懲役または50万円以下の罰金刑です。親告罪ではありませんが、実際に警察に動いてもらうためには、刑事告訴をした方が効果的です。

以上のように、2ちゃんねるで他人や他社を誹謗中傷した場合には、いろいろな犯罪が成立する可能性があります。親告罪もありますし、そうでないものもあります。
自分が被害者になったときも加害者になってしまったときも、正しく対処しないと大きな不利益を受ける可能性があります。
適切な対処方法がわからない場合には、ネット問題に強い弁護士に相談すると良いでしょう。

2ちゃんねるの関連コンテンツ

誹謗中傷に関するお問い合わせ・相談予約はこちらへ

相談予約受付

10:00-18:00土日対応

お問い合わせフォーム
Top