5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のミラーサイト・コピーサイトへの対策について

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のミラーサイト・コピーサイトへの対策について
コメカミを摘まむ男性

数多くの誹謗中傷に関する被害が発生している掲示板「2ちゃんねる」。誰もが知っているサイトでありながら、さまざまな問題を抱えているのが現状です。ただし、他のサイトに比べて注目度が高く、知名度もあることから、利用している人も少なくありません。

たとえば、2ちゃんねるの本体である「2ch.net」の代表的なコピーサイトである「2ch.sc」は、創設者であり2ちゃんねる本体の元管理人である西村博之氏が運営しています。内容をそのままコピーしているだけでなく、新たな書き込みができるのが特徴です。

その他にも、「ログ速」「みみずん検索」「【2ch】コピペ情報局」など、2ちゃんねるの内容をそのままコピーして転載しているサイトも数多く存在しています。すなわち、2ちゃんねるの本体であるサイトに書き込みをされた誹謗中傷は形を変えずそのままコピーサイトにも記載されるということです。また、厄介なことにそれらのサイトは多くの人に閲覧されているのです。

そこでこちらの記事では、2ちゃんねるのミラーサイトやコピーサイトに関する対策について詳しく解説していきます。

コピーサイトがたくさんある2ちゃんねる

ご存知のとおり、2ちゃんねるには膨大な量の雑多な書き込みがされています。その種類も内容もさまざまで、場合によっては、特定の個人や団体を誹謗中傷する内容のものも散見されています。いずれにしても、書き込みによって困っている人は少なくないのです。

そして先ほどの繰り返しになりますが、いわゆるコピーサイトが数多く存在しているのです。西村博之氏が運営している「2ch.sc」のように、管理権をめぐる対立から設置されているものもあれば、単純に2ちゃんねるの人気や知名度を利用しているものもあります。

そのため、2ちゃんねる本体にされた書き込みが、そのまま複数のサイトで拡散してしまうという現象が起きています。そうなると、被害がより大きくなってしまうだけでなく、削除要請や投稿者の特定などの手順も複雑化してしまうのです。

コピーサイトとミラーサイトの違い

2ちゃんねるへの投稿がどこに拡散しているのかを、すべて調べるのは容易ではありません。現実的な対策としては、書き込みがされている2ちゃんねる本体とそのコピーサイトをできるだけ見つけ出して、できるだけ迅速に削除要請をするのが良いということになります。ただ、コピーサイトにはログの情報はありませんので、投稿者の特定を行うためには、2ちゃんねる本体に対して行う必要があります。

ここで注意しておきたいのは、コピーサイトとミラーサイトという用語の違いです。厳密には、コピーサイトはあるサイトの内容をそのままコピーしているサイトのこと。同時更新ではなく、書き込みそのものを利用しているだけとなります。

一方でミラーサイトとは、サーバーの所有者が同じ内容のサイトを別のサーバーで制作したものとなります。本来の目的はサイトの負荷軽減やバックアップとなります。ただし実際は、コピーサイトもミラーサイトも、同様の意味で使われているのが現状です。

代表的なコピーサイト(ミラーサイト)の例

次に、代表的なコピーサイト(ミラーサイト)について見ていきましょう。それぞれの書き込みに対する対策についても解説しています。

1.「ログ速」

2ちゃんねるの過去ログを閲覧したり、検索できたりするのが「ログ速」です。「注目スレッド」「ニュース速報」「板一覧」など、用途に応じて閲覧できるのが特徴です。トップページを見てみると分かるのですが、「削除・問い合わせ」という項目も用意されています。削除依頼はここから行います。

2.「みみずん検索」

ログ速」と同様に、2ちゃんねるの過去ログを閲覧できるサイトが「みみずん検索」です。「全文検索」や「スレタイ検索」など、それぞれの用途に応じてチェックできるのが特徴です。投稿の削除については、「削除について」から専用のメールアドレスに問い合わせるかたちとなります。

3. 「【2ch】コピペ情報局」

「【2ch】コピペ情報局」は、いわゆる2ちゃんねるの純粋なコピーサイトです。内容をそのまま転載しているだけなので、2ちゃんねる本体と同じようなかたちで閲覧できるのが特徴です。削除依頼については、「お問い合わせ」より行います。

ミラーサイトへの対策

書き込みの拡散を未然に防ぐという意味においては、コピーサイト(ミラーサイト)についても削除依頼を迅速に行う必要があります。被害を拡大させないためにも、それぞれのサイトの対応が求められます。

抜本的な対策は2ちゃんねる本体へ

上記のとおり、悪質な買い込みに対する抜本的な対策は、2ちゃんねる本体に対して行うことになります。それぞれのサイトにおいて削除要請をしつつ、本体サイトに対しては削除および投稿者のの開示請求を行いましょう。そのうえで、経過を確認していくことが大切です。

2ちゃんねるの関連コンテンツ

お問い合わせ・相談予約はこちらへ

相談予約受付

10:00-18:00土日対応

お問い合わせフォーム
Top