爆サイの削除依頼方法を専門弁護士が徹底解説!

爆サイの削除依頼方法を専門弁護士が徹底解説!
爆サイの削除

掲示板サイトの中でも、とくに地域密着型で有名なのが「爆サイ」です。同じ掲示板サイトである「2ch」に似ていますが、「爆サイ」は自らが住んでいる地域の情報を共有できることもあり、「地元ネタ」や「身内ネタ」など、内輪の話で盛り上がれるという特徴があります。
投稿されている内容の多くは、一部の人にしかわからないような話材であるものの、場合によっては個人が特定できるものも少なくありません。しかも、誹謗中傷記事も散見されます。
ここでは、爆サイの誹謗中傷対策について解説していきます。

爆サイの特徴

北海道から沖縄、そして海外まで、地域に特化した投稿ができる掲示板サイト「爆サイ」は、日本最大級のローカルコミュニティサイトです。本サイトに掲載されている内容によると、総投稿数は2億件を突破。地域密着型という強みを活かし、投稿数を増やし続けています。

ただ、実際の投稿を見てみれば分かりますが、投稿されている内容について真偽が不明なものも多いです。また、バイオレンス、アダルト、お金にまつわる話など、いわゆるアンダーグラウンドに関する投稿も多いため、サイトを閲覧する際には適切な情報の取捨選択も必要となります。

誹謗中傷の態様・特徴

爆サイは、地域に特化しているローカルコミュニティサイトであることから、いわゆる内輪のネタが多いという特徴があります。ただ、内輪の話であるのをいいことに、関係者であれば容易に個人が特定できてしまうような内容の投稿も散見されるのが実情です。

また、悪意のある無しに関わらず、投稿の内容は「悪口」や「批判」など、ネガティブなものが多いという特徴もあります。おもしろ半分で投稿されているものが大半なのですが、掲載されて本人にとっては、実社会にまで影響をおよぼしてしまうこともあるのです。

※誹謗中傷の意味や成立犯罪に関する情報はトップページへ http://hibouchushou.net/

爆サイにおける誹謗中傷の具体的事例

アダルト関係の投稿も多いことから、トラブル事例もまた、そちらの方面のものが多くなっています。たとえば、内緒で夜の仕事をしていた人が、個人情報を爆サイで掲載されてしまい、昼の職場に居づらくなってしまったという事案があります。まさに実被害です。

それだけではありません。悪意のある客が個人情報まで投稿してしまったことで、ストーキング被害にまで発生するようになったのです。このように被害者が女性の場合、身の危険にまで発展することが少なくありません。普段の生活まで脅かされてしまうのです。

爆サイへの削除依頼方法

爆サイで、個人や法人が嫌がらせや誹謗中傷、業務妨害やプライバシー権侵害などの投稿によって被害を受けた場合には、爆サイ.comに対して書き込みの削除依頼を出すことができます。
このとき、具体的な方法としては、基本的には爆サイの削除依頼フォームを利用します。
各スレッドやコメントの画面の一番下の部分に削除依頼フォームがあるので、そこに必要事項を書き込んで削除依頼を出します。

削除依頼フォームを開くと、レス番号と通報区分、氏名、削除の理由を書く欄が出てきます。(掲示板タイトルやスレッド番号ははじめから書き込まれています)
レス番号には問題となる書き込みのレス番号を書きますが、スレッド全体の削除を求める場合には「0」と書きます。

通報区分は「個人情報の記載、業者からの投稿、連続投稿、その他」から選択します。
氏名は任意ですが、返信用のメールアドレスは記入が必須です。
そして、削除が必要な理由(権利侵害の内容など)を詳細に書く必要があります。
これらが記入できたら、送信をして、削除依頼が終わります

削除依頼の連絡を受けると、爆サイ.comの削除人(管理者)がその内容を見て、規約違反があるかを判断します。
そして、問題があると考えられたら削除に応じますし、問題がないと判断したら削除は行いません。

爆サイの削除依頼への対応

爆サイ.comによると、削除依頼があった場合、対応するかどうかの判断は、基本的に依頼後72時間以内に行うと発表されています。

また、削除依頼を出すとき、同じ内容の削除依頼を連続して出した場合(72時間の間に同じ内容の複数の依頼をしたとき)や、威圧的な内容の削除依頼を出した場合には、爆サイ.comへの業務妨害と判断されて、その後の削除依頼に応えてもらえなくなります。

「今後同じような書込みがあったら、すべて削除してほしい」とか「〇〇という名前で書き込みがあったらすべて削除してほしい」などの依頼にも、応じてもらうことはできません。

爆サイで書き込み禁止措置がとられるケース

爆サイでは、「掲示板のあらし行為」や「求人掲示板以外の掲示板における勧誘や宣伝」、「URLの記載(個人法人を問わない)」については、厳重に禁止されており、一回でも行うと書き込み禁止措置の対象になります。

いったん書き込み禁止になった場合、その後どのような方法をとっても長期間が経過しても解除は行われないとされています。

そこで、相手の書き込みに上記のような規約違反があれば、通報によって削除してもらえる上、その投稿者に投稿禁止措置をとってもらえることになります。

4.爆サイが対応してくれない場合の対処方法

爆サイで不当な書き込みをされたとき、削除依頼を出しても、必ずしも対応してもらえるとは限りません。

その場合には、弁護士に依頼して、裁判所で「仮処分」の手続きをとることにより、問題の書き込みを削除してもらう必要があります。

爆サイでの嫌がらせや業務妨害の投稿を放っておくと被害がどんどん広がるので、困ったときには早めに弁護士に相談することをおすすめします。

当事務所の対応

誹謗中傷に該当する投稿に対して、どのような法的措置がとれるのかということについては、個別の事案ごとに判断する必要があります。そのようなことも考えて、経験のある弁護士に依頼するのがベストです。弁護士に依頼することで、早期の解決を図れることもあります。当事務所では、爆サイについては、複数の対応方法により適切に対処できる体制を整えているので、お気軽にご相談ください。

爆サイの削除の関連コンテンツ

お問い合わせ・相談予約はこちらへ

相談予約受付

10:00-18:00土日対応

お問い合わせフォーム
Top