解決までの流れ

インターネット上に、個人や企業への誹謗中傷が書き込まれ、風評被害を受けた。
その場合、まずは当事務所に電話かメールによりお問い合わせ下さい。

  • STEP.1電話もしくはメールでのお問い合わせ

    ネット上で権利侵害にあたる誹謗中傷などの書込みを見つけた場合、まずは当事務所に電話もしくメールで連絡をください。

    ポイントメールの場合は当該URLとレス番号を記載していただけるようお願いします。

  • STEP.2無料法律相談

    その後、予約の上無料法律相談により今後の対応を話し合いさせていただきます。

    ポイント仮に来所が難しい場合はご相談ください。

  • STEP.3記事の削除

    記事の削除を希望される場合は弁護士費用をお支払いしていただき削除作業に取り掛かります。管理者に対して、裁判外で削除請求する場合と裁判手続きである仮処分という手続きを利用して削除請求をする場合があります。場合によっては両者を併用することもあります。

    ポイントできるだけ迅速に対応いたします。

  • STEP.4書込み者(発信者)の特定

    書込み者の特定を希望される場合はまず掲示板管理人にIPアドレスを開示してもらう必要があります。これも、裁判外の請求と裁判手続きを利用する場合があります。その後、書込み者のプロバイダーに対して発信者情報開示請求訴訟という裁判手続きにより相手方を特定いたします。

    ポイント発信者情報開示請求訴訟は6ヶ月から8ヶ月ほどかかります。

  • STEP.5書込み者に対して警告文の送付もしくは損害賠償請求

    書込み者を特定したらその人物に対して、これ以上書込みをやめるように警告文を送付するか、もしくは損害賠償請求をいたします。損害賠償請求については、裁判外で行うか裁判によるか、もしくは併用するかを選択することになります。

    ポイント裁判になれば、1年程度かかる場合もあります。

  • STEP.6刑事告訴

    あまりに書込みがひどい場合は刑事告訴も可能です。その場合も当事務所でお手伝いします。

お問い合わせ・相談予約はこちらへ

相談予約受付

10:00-18:00土日対応

お問い合わせフォーム
Top