whois検索の適切なやり方とお勧めのサイトを教えます

whois検索の適切なやり方とお勧めのサイトを教えます
whois検索の適切なやり方とお勧めのサイトを教えます

企業や個人がネット上で誹謗中傷を受けたとき、放っておくと被害が大きくなるので、まずはサイト管理者に連絡をして、記事の削除依頼を出す必要があります。
また、投稿をした本人に対して損害賠償請求をしたり刑事告訴をしたりすることもできます。
しかし、これらの行動をとるためには、サイト管理者や投稿者を特定する必要があります。そこで今回は、ネット上のプロバイダや投稿者などを特定するための「whois検索」の使い方とおすすめのサイトをご紹介します。

1.whois検索とは

whois検索とは、ネット上利用者のIPアドレスやドメイン名などを調べることができるサービスです。ネット上で風評被害に遭ったとき、記事削除を請求したり投稿者に損害賠償をしたりしないといけませんが、そのためには相手を特定する必要があります。
ところが、こうした利用者の情報が明らかになっていないことが多く、その場合に削除請求などの必要な手続きができないことになってしまいます。

そこで、whois検索を利用すると、IPアドレスやドメイン名、そのドメインを利用している人などの情報を取得することができます。このことによって、サイト管理者や相手を特定できるので、必要な対処をとることができるようになります。

このように、whois検索は、風評被害対策のために非常に重要なものです。

2.whois検索の使い方

次に、whois検索の使い方をご説明します。
Whois検索のサービスは、ネットのサイト上で利用することができます。
そこで、whois検索のサイトにアクセスして、今判明している情報を入力して検索開始ボタンをクリックすると、調べたい情報が表示されます。

たとえば、ドメイン名がわかっている場合にそのドメイン名を入力すると、そのドメインを使っている人の情報が表示されます。
IPアドレスがわかっている場合には、IPアドレスを入力するとそのIPアドレスを登録している登録者を特定することができます。

ただし、利用者がwhois情報代行業者を使っている場合には、whois検索を利用しても、間に入っているwhois情報代行業者の情報しか明らかにならないこともあります。

3.whois検索でおすすめのサイト

whois検索を利用したいとき、利用出来るサイトは1つではありません。外国語のサイトや日本語のサイトがありますし、外国ドメイン、日本ドメインに対応しているもの、レジストリが運営しているものなど、いくつも存在しています。

そこで、whois検索したい場合には、まずはどのサイトで検索をするかを決めないといけません。
ケースごとのおすすめのサイトは、以下の通りです。

aguse

https://www.aguse.jp/

非常に有名なwhois検索サイトです。ドメイン名やIPアドレスだけではなく、サービスの位置情報やマルウェアの有無なども調べることができるので、対象サイトの安全性を確認することができます。

たとえば、メールが来たときに、表示されているURLに危険性がないかどうかなどを確認することができます。企業のシステムがウイルス感染すると大変な損害が発生するので、アクセスする前にaguseで調べるとメリットが大きいです。

Whois Gateway

http://whois.prove-wsc.com/

Whois Gatewayもとても有名です。ここでは、約300ものドメインに対応しているので、幅広いケースで検索をすることができます。

JPRS

http://whois.jprs.jp/

JPドメインを調べたい場合には、JPRSがおすすめです。jp、or.jp、ne.jp、ac.jp、ad.jp、ed.jp、gr.jp、lg.jp、go.jpなど、日本のドメインはJPRSに登録をしなければならないので、JPドメインなら、ほとんどどのようなものでも調べることができます。

以上のように、whois検索を利用すると、サイト管理者や投稿者を特定するための資料となるので非常に役立ちます。ただ、ドメイン情報などを取得しても、その後実際に犯人を特定したり記事削除の請求をしたりするためには、サイト管理者に法的な請求をしたり、犯人特定のための法的な手続きをしたりする必要があります。

自分で手続きをすすめようとしても、サイト管理者が対応してくれないことも多いので、困ったときにはネット問題に強い弁護士に相談しましょう。

インターネット問題の関連コンテンツ

お問い合わせ・相談予約はこちらへ

相談予約受付

10:00-18:00土日対応

お問い合わせフォーム
Top