誹謗中傷対策マニュアル
MANUAL

2019.12.06

爆サイ

「爆サイ」日本最大級の匿名掲示板の使い方と誹謗中傷トラブル脱出方法

  匿名掲示板と言えば5ちゃんねるが有名だけど、「爆サイ」という掲示板もたくさんの人に利用されているみたいね。
  爆サイは、不特定多数が匿名で書き込めるから、誹謗中傷やプライバシーの侵害など、様々な問題が起こる可能性があるんだよ。爆サイはどのような構造の掲示板なのか、どうやって書き込むのか、被害にあったときはどうすればいいのか詳しく紹介していくよ。

 

目次

【1】爆サイとは

爆サイとは

爆サイは、5ちゃんねるに次ぐ存在として知られており、巨大匿名掲示板と地域密着型掲示板の要素をあわせ持つことが特徴です。月間9億回も閲覧されており、掲示板カテゴリは3278個、トラフィック順位は592位に達します(Alexa調べ)。全国総投稿数は5億回を突破しており、日々様々なジャンルの話題が繰り広げられています。

(参考)▼爆サイ.comとは?
https://bakusai.com/areatop/acode=3/beginner=1

 

運営・管理人は誰? どんな会社?

爆サイの運営・管理人は不明です。2011年時点の情報では、運営会社が「BRUNAシステム」となっていますが、現在も同じ会社が運営しているのか、そもそも本当にBRUNAシステムが運営しているのかわかりません。しかしながら、削除依頼や情報の開示請求などに応じる姿勢を示していることから企業としての運営実態はあると考えられています。

どんな人たちが利用しているのか

会社員やパート・アルバイト、学生、“夜の仕事”関係者など、様々な人が利用しています。掲示板は、北海道・東北・関東・甲信越・北陸・東海・関西・山陽・山陰・四国・九州・沖縄・海外に分類されており、それぞれの市区ごとに掲示板が設けられています。そのため、日本全国各地の様々な年齢の人が利用しているのです。投稿数から見ると、主に「関東版」が爆サイのメインコンテンツと言ってよいでしょう。

どんな情報が書き込まれているのか

地域密着型匿名掲示板ということで、地域ごとの風俗情報や地元ネタ、遊興施設、販売店などの口コミ・評価などの情報が書き込まれています。

また、わかる人が見れば十分に特定できる程度の伏せ字で誹謗中傷が書き込まれる場合もあります。地域に特化しているため、身の周りの人が誹謗中傷の書き込みを発見するリスクが高いのが爆サイの特徴だと言えるでしょう。

爆サイ事件簿

爆サイは注意を要する匿名掲示板

爆サイは、手軽にアクセスできる匿名掲示板ですが、様々な犯罪の温床ともなっているため注意が必要です。

出会い系サイトの要素を持ち、卑猥な内容の書き込みや援助交際を求める書き込みなども目立ちます。また、わかる人が見える程度の伏せ字で誹謗中傷されることで、日常生活に支障をきたす場合もあります。このような問題は、実際に事件にも発展しているため、確認しておいた方がいいでしょう。

爆サイで集まった見知らぬ者同士で拉致・殺害へ

静岡県藤枝市の山中で女性看護師の遺体が見つかった事件がありました。犯人は、爆サイで知り合った3人の人物で、1人が爆サイの掲示板に「全国を範囲とした儲け話」の勧誘を書き込みました。3人は、お互いにメールやSNSで連絡を取り合い、その2日後に合流して女性を車ごと拉致したとされています。その後、藤枝市の山中で女性の遺体が発見されました。

指示役とみられていた男性は自殺、残り2人は自首し、事件は収束へ向かいました。怪しい儲け話が日常的に書き込まれており、金銭的に余裕がない人も閲覧するため、このような事件の発端となるのです。

(参考)▼誰でも投稿「爆サイ」、被告ら結んだ 静岡の看護師遺棄(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASLC534MBLC5UTIL003.html

 

殺人事件関係者が爆サイで事件前に誹謗中傷されていた

宮崎県高千穂町の集落にある飯干保生さん宅にて、同居している飯干昌大が両親と妻、長女、長男、知人を殺害後、自殺したとされる事件がありました。一旦、夫婦喧嘩が始まると、仲裁していた知人も手が付けられないほどだったそうです。喧嘩がひと段落すると普通の家族に戻り、また喧嘩をするといった繰り返しで、事件が起きた日も妻子とともに職場の慰安旅行を楽しんでいたとのことです。

交友関係で妻と揉めたことが引き金になった可能性があるものの、長女や長男、両親まで殺害しており、本人が自殺していることから、動機の確定には至っていません。

また、事件前に飯干昌大に対する爆サイでの誹謗中傷があり、これらの書き込みが事件と何らかの関係があるのではないか、と指摘されています。

学校のいじめ、爆サイでも

埼玉県川口市の市立中学生の元男子生徒が爆サイに誹謗中傷を書き込まれ、損害賠償請求にまで発展した事案がありました。最初は、LINEグループから外したり部活内で暴行したりする内容でしたが、次第にエスカレートしていき、爆サイに元男子生徒を誹謗中傷するスレッドが立ち上がりました。

スレッド内の4件の書き込みは実名もしくは実名に近く、簡単に本人を特定できるため、プライバシーの侵害が認められて通信業者に発信者情報の開示が命じられました。書き込んだ3人の1人は話し合いによる解決金の支払いが決定しましたが、残り2人は金額の折り合いがつかなかったり連絡がつかなかったりしたため、損害賠償請求に至りました。

女性への誹謗中傷で発信者情報開示、損害賠償請求が命じられる

宮崎県宮崎市の女性が爆サイに自身を侮辱する内容を書き込まれ、名誉を傷つけられたとして、通信業者に対し手発信者情報の開示を求め、訴訟を起こしました。裁判所は、氏名や住所の開示を通信業者に命じました。このように、気軽に書き込めることで誹謗中傷や名誉棄損の被害にあい、そして簡単に閲覧できることで被害に気づくことができるケースも多いのです。

(参考)▼ネット書き込みで発信者情報の開示命令 福岡地裁(産経新聞)
https://www.sankei.com/west/news/170829/wst1708290059-n1.html

差別的書き込みで罰金命令

沖縄県石垣市に住む在日韓国人の男性が爆サイや2ちゃんねるに誹謗中傷を書き込まれ、名誉棄損の疑いで刑事告訴した事案があります。

このヘイト投稿によって会社名が知られたことで、営業収入が大幅に減少したそうです。石垣区検の捜査により、書き込みを行った男性2人を特定し、名誉棄損罪で略式起訴しました。石垣簡裁は、男性2人にそれぞれ罰金10万円の略式命令を下しています。

(参考)▼ヘイト投稿で名誉毀損罪、男2人に罰金10万円命令(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASM263J07M26TPOB001.html

 

爆サイの安全な使い方

爆サイを安全に使うために、板の雰囲気や検索機能の使い方、スレッドの立て方など基本的な知識を身につけましょう。爆サイを使う前に知っておきたい情報をお伝えします。

爆サイを閲覧する基本

爆サイは、北海道や関東、関西など大きな分類の中に、各地域の掲示板が配置されています。その他、ナイト系やスポーツ系、災害系、サークル、育児、不良、趣味、ギャンブルなどの掲示板もあります。

板の雰囲気はジャンルによって異なり、ナイト系はアダルトな内容、誹謗中傷などが目立ちます。趣味では、わからないことを質問し、親切な人が回答するような板もありますが、お互いの考え方の違いに対して罵倒し合うような荒れた雰囲気の板もあります。このように、板によって雰囲気が異なるため、使うのなら自分に合う板を探すことが大切です。

パソコン・スマホでの閲覧と書き込み

パソコン・スマホからの閲覧と書き込みには、特別なアプリなどは必要ありません。掲示板からスレッドへと進み、下部にある入力フォームにメッセージを入力し、「同意して投稿する」を選択します。任意入力フォームには、名前・なりすまし防止パスワード・メールアドレス・削除パスを入力できます。

なお、荒らし行為やURLの記載は1回で書き込み禁止となるため注意しましょう。

検索機能の使い方

地方ごとの掲示板と、細分化されている各掲示板の上部に検索フォームが設置されています。スレッド名や書き込み内容などから検索できるため、自分の誹謗中傷が書き込まれていないか心配な場合は、名前の一部を検索しましょう。また、自社の悪い評判が書き込まれていないか調べる際には、「株式会社」や「合同会社」、「有限会社」などの種別で検索すると、伏せ字にされていても見つけられます。

スレッドの立て方

各掲示板の上部にある「スレ作成」からスレッドを立てられます。タイトル・スレッド本文(最初の書き込み)の他、必要に応じて任意入力フォームに入力しましょう。「同意して投稿する」を選択すれば、スレッドが立ち上がります。何度も同じスレッドを立ち上げる行為は荒らし行為と判断される可能性があるため注意しましょう。

スレッドでの書き込み削除の依頼

各スレッドの最下部に「削除依頼」があり、選択すると削除依頼フォームのページに移動できます。

削除依頼フォームに、スレッドNo.、スレッドタイトル、レス番号、通報区分、名前(任意)、メールアドレス、削除依頼理由を入力し、「内容を確認し同意する」にチェックを入れて「削除依頼を送信」を選択しましょう 。

爆サイで誹謗中傷にあったら

爆サイを正しく利用していても、誹謗中傷などで被害を受ける場合があります。また、自分が違法な書き込みを行ってしまう場合もあるでしょう。爆サイの利用に関して困ることがあった場合の対処法について、詳しくご紹介します。

投稿によって被害を受けたら

誹謗中傷や名誉棄損、プライバシーの侵害など、投稿によって被害を受けた場合の対処法を詳しくみていきましょう。

スレッド内に個人情報を書き込まれたが削除依頼はどうするのか?

スレッド内に個人情報を書き込まれた場合は、「3-5 スレッドでの書き込み削除の依頼」で解説したように削除依頼フォームから削除を依頼します。

なお、削除依頼は当事者でない人か、弁護士以外が行うと弁護士法に抵触する恐れがあります。自分以外の人の個人情報が掲載されていても、削除依頼できないので注意しましょう。

複数のスレッド内に自社を誹謗中傷することを目的とした書き込みがあるが、一括で削除依頼をしたいがどうしたらよいか?

複数のスレッド内に、会社に対する誹謗中傷が書き込まれている場合は、それぞれのスレッドごとに削除依頼が必要です。一気に複数のスレッドの削除を依頼することはできません。さらに、削除依頼は投稿ごとに必要です。

例えば、Aというスレッドに3つ、Bというスレッドに2つの誹謗中傷を書き込まれた場合は、Aスレッドにて3回、Bスレッドにて2回、削除依頼しなければなりません。また、削除対象となる投稿は自分で検索する必要があります。

スレッド内に誹謗中傷を書き込まれているが加害者を特定するには?

スレッド内の誹謗中傷を書き込んでいる人物を特定したい場合は、削除依頼はせず爆サイの運営会社に対してログ情報(IPアドレスなど ※当サイトでの解説)開示請求を行いましょう。ログ情報が開示されたら、次は加害者が利用しているプロバイダーに情報開示を求めます。加害者の氏名や住所がわかるので、内容証明郵便による削除要請、示談交渉、損害賠償請求など然るべき対応をとりましょう。ログ情報とはの開示請求やプロバイダーに対する情報開示請求は、弁護士のサポートを受けることも大切です。

▼IPアドレスとは(当サイト内での解説)
https://hibouchushou.net/contents/10028.php#IP

 

爆サイで子どもがいじめにあっているようだが、どうやって調べたらいい?

爆サイで子どもがいじめにあっている可能性がある場合は、子どもの氏名でスレッドや投稿を検索しましょう。該当のスレッドや投稿を見つけたら、削除依頼をするかログ情報の開示請求をして加害者を特定します。また、削除依頼の前に誹謗中傷を行っている書き込みのスクリーンショットを撮るなど、証拠を保全しておきます。

なお、該当の書き込みを削除するだけでは問題の根本的な解決に繋がらず、いじめや誹謗中傷が止まらない可能性も考えられます。その場合は、学校へのいじめ対策の依頼や加害者への法的対応が必要になりますので、弁護士事務所に相談しましょう。

投稿で被害を与えてしまった場合

匿名で投稿できると、普段使わないような強い言葉を使ったり、誹謗中傷をしてしまったりすることがあります。自分の投稿で相手に被害を与えた場合の対処法を詳しくみていきましょう。

冗談で犯罪予告を書き込んでしまったが逮捕されるか?

本気ではなく、冗談で犯罪予告を書き込んだ場合でも、逮捕される可能性があります。逮捕されるかどうかは、犯罪予告の内容で決まります。〇月○日の△時△分に○○中学校で無差別殺人をするといった具体的な犯罪予告の場合は、たとえ冗談だとしても逮捕される可能性が高いでしょう。

つまり記載内容の具体性が高いほど逮捕される可能性が高まります。

逮捕されない程度の犯罪予告については言及できませんが、いずれにしても冗談でも犯罪予告を書き込まないことが重要です。もし、書き込んでしまった場合は、速やかに否定の書き込みをし、削除依頼しましょう。

振られた彼女の氏名を一部伏せ字で誹謗中傷する書き込みをしてしまったが逮捕されるか?

一部が伏せ字であっても、個人を特定できる可能性がある書き込みの場合は、相手に気づかれたときに刑事告訴されたり、民事訴訟を起こされたりする恐れがあります。継続的に書き込むほどに本人の目に留まりやすくなるため注意が必要です。

なぜなら、書き込みは削除しない限りネット上に残り、場合によっては拡散する可能性もあり、何かのタイミングで彼女が自分の名前で検索した際に見つける可能性があるためです。

不安があるなら、ITに詳しい弁護士に相談するとよいでしょう。ただ、この場合は、相談者本人が加害者にあたるため、ほとんどのケースで相談料がかかります。

風俗嬢の実名を挙げ悪口を書き込んでいたが、「発信者情報開示に係る意見照会書」が来た。無視していいか?

「発信者情報開示に係る意見照会書」とは、自分が投稿で被害を与えた人物がプロバイダーに対して発信者情報の開示請求が行った際に、プロバイダーから送られてくる書類です。プロバイダーは、発信者情報の開示請求を受けた際に、該当の人物に対して意見を聞くことが法律で義務づけられており、その意見を踏まえて開示するかどうかを決めます。

この書類が届いたということは書き込みを行った者、つまり自分に対し、開示請求を行っている側が削除要請や名誉毀損の訴え、さらに損害賠償請求など行うための準備をしていると考えて良いでしょう。

無視した場合は、プロバイダーの判断だけで発信者情報を開示するかどうかが決まるため、それだけ開示の可能性が高くなるでしょう。なお、開示される情報は上記の「スレッド内に誹謗中傷を書き込まれているが加害者を特定するには」にあるように氏名や住所、書き込んだ時間などです。

まとめ

爆サイは、5ちゃんねると同じく大型匿名掲示板で、地域ごとに細かく分けられた構造になっています。匿名性により、誹謗中傷やプライバシーの侵害など様々な問題が起こり得るため、慎重に利用することが大切です。また、自分が他人に対して被害を与えてしまう場合もあります。トラブルが起きたときは、必要に応じて弁護士に相談しつつ、適切に対処しましょう。

弁護士法人ATB
これまで、インターネット匿名掲示板等での『誹謗中傷』に悩む企業や人の相談を 1500 件以上受け、迅速に解決してきた弁護士事務所です。
「5ちゃんねる(2ちゃんねる)」「爆サイ」「ホスラブ」「Twitter」など、数10種類以上のWebサイト、SNS、掲示板の投稿への削除依頼、発信者情報開示請求(投稿者の特定)等に、プロフェッショナルとして幅広く柔軟に対応しています。